就職と職務経歴書の書き方

履歴書と違って、職務経歴書には就職活動の時に用いる定型書式はないようです。決まった形がないことは、就職サイトや就職ノウハウ本の内容が一致していないことからもわかります。インターネットや本で職務経歴書の例を確認した上で、自分の経歴をアピールしやすそうなものを下地にするといいでしょう。

自分が読みやすいと思った経歴書の書き方を参考に、まずは自分で作ってみましょう。応募者の書類審査における採用担当者の職務経歴書を見る時間の平均は数十秒と言われています。職務経歴書を作成する時は、読む側にとってわかりやすい内容であることがポイントです。内容も大切ですが、分りやすい書き方であれば、評価にも差が出てくるので見逃せないポイントです。職務経歴書に目を通してもらう数十秒で好印象を持ってもらうには、相手にとって読みやすく、把握しやすい職務経歴書を作成するという意欲があるかどうかが成否の分かれ目にもなります。何をどれだけ書くかは、十分に吟味してください。文字数ばかり多いような文章は読み手にとっても苦痛ですので、避けなければいけません。どんな会社に勤めており、その会社の資本金や規模はどのくらいで、自分は何を担当していたのかなどの情報は落とさないようにします。上場しているような大企業であればまだしも、中小企業であれば、必ず記載するようにしましょう。延々と過去の業績をひけらかすのではなく、何をしてきたか、どんなスキルを持っているかを、相手にわかりやすいように書くことが大事です。募集している会社がどのような人材を採用しようとしているのかを考えた上で、その点についてしっかりPRできるような内容にすれば、より評価してくれる職務経歴書になります。