野球のバットの選び方

野球のバットの選び方を紹介したいと思います。野球のバッドというのは、一番大切な野球グッズでもあるので自分の手で確かめて良く選んだほうがいいと思います。グローブももちろんしっかりと選ぶ必要があるのですが、バットも選び方が大切です。人によって自分に合うバットというのは違っているはずです。

なぜなら、例えばイチロー選手の場合には、難しいボールなどでもヒットを沢山打てるアベレージヒッターとして活躍しているわけですが、そのためには、自分にぴったりと合うバットを選ばないといけないのです。野球で上達したいと思っていれば、自分にあったバットで練習しなければいけません。種類も色々とあり、木製の物、金属製の物、カーボン製といったように種類があります。プロ野球の場合には、おもに木製バッドを使っていますし、少年野球の場合には、金属製のバットかカーボン製のバッドを使って練習や試合をしています。金属製のバットの場合には、芯の部分が木製のバットよりもサイズ的にひろくなっていることから、もしも打ちそこなったとしても、距離のあるボールを打つことができるという特徴があるのです。この野球のバットの芯の広さというのは、木製、カーボン製、金属製という種類の順番で広くなります。カーボン製はしなっているので、フィットしやすいイメージがありますが、芯をはずしてボールが当たると、手がしびれて振動が伝わります。どれを選ぶかは人によっても違いますが木製で練習するのが一番上達するのではないでしょうか。