メイクのファンデーションの色

メイクをする際に使うファンデーションの色、実は間違った色を選んで自分に合わないのにつけている人は多いと言われています。ファンデーションの色というのは明るすぎてもいけませんし、暗すぎてもいけませんから自分にぴったりと合ったものを選ぶ必要があります。

どうやってメイクのファンデーションの色を選んでいけばいいのでしょうか。その方法としては、自分の首の色に注目しましょう。自分の首の色に合わせるというのが一番の方法です。ファンデーションは顔の部分によって使い分ければハイライトの効果も期待できてよりホリが深いはっきりとした顔のメイクで見せることも可能です。明るい感じのファンデーションと暗い感じのファンデーションを用意しておいて、混ぜて3色のファンデーションを使い分けるというメイクの方法もありますし、アウトラインは暗めのファンデーションを使って明るいファンデーションは、Tゾーンに塗ると顔がはっきりと見える特徴があります。メイクで肌のトラブルも隠すことが可能で、肌全体がくすんでいると感じたら、ピンクベースのファンデーションを選ぶと隠すことができますし、赤ら顔などが気になる人は黄色ベースのファンデーションを使えば肌のトラブルを隠すことができます。メイク一つで血色のトラブルなども隠すことができますから、ファンデーションの色選びはかなり重要で色々と慣れてくれば使い分けてみるというのもポイントになります。