メイクのコンシーラー

メイクでコンシーラーを塗るという人も多いと思います。ファンデーションだけで薄く塗ったメイクの方法では肌の毛穴が目立ったり、シミやそばかす、にきびなどが目立つという人も多いでしょう。そういった肌のトラブルがあるという部分にはコンシーラーを塗るというのがポイントです。

コンシーラーをメイクの時に使うことで肌トラブルを回避することができるのです。肌トラブルを隠すためのコンシーラーは、どこにつけるのかというと小鼻の毛穴が気になっている部分やシミそばかす、にきびができている部分に直接塗ります。リキッドタイプのコンシーラーの場合には、筆を使って直接肌に乗せて指で塗り込みましょう。コンシーラーは伸ばして塗ってしまうと効果が半減してしまいますからメイクのポイントとしては叩き込むような感じでなじませることがポイントです。しっかりと塗り込んだ後は少しコンシーラーを塗った部分が目立つと思いますから、あとから周りの部分をぼかす程度の軽くたたき込むと境目がわからなくなります。メイクの仕上げは、スポンジで軽くたたくことで多めにつけすぎたコンシーラーも手軽に取り除けるのでやってみましょう。さらにメイク上級者としては、パウダリーファンデーションを筆にとって、コンシーラーを乗せた部分の上にさらに重ねるようにすればよりカバー力が増しますからトラブルをきれいに隠すことができます。多少メイクテクニックは必要ですが違いは歴然です。