ダイエットの停滞期を乗り切る方法

ダイエットへの意欲は停滞期に入って体重が減りづらくなると下がりやすくなります。運動の頻度やお腹がすいた感覚は始めたころと同じなのにもかかわらず、結果がついてきません。やっても結果が出ないのがむなしく、たくさんの人が停滞期にダイエットをやめてしまうようです。停滞期を乗り切らなくては、ダイエットを成功させることはできません。停滞期はダイエット中に起こりずっと続いていくものではないようです。人によって差はありますが、一カ月ぐらいで終わるのが通常です。停滞期は必ず終わるということを意識しつつ、とにかく停滞期は今の体重を保つことに注力しましょう。体重が増えた、減ったという目先の数字に振り回されず今までどおりのダイエット方法を続けます。逆に言うと、ダイエットは停滞期に入ったということはうまくいっているという証拠なのです。もう一度体重の減少が停滞期が終わるとともに始まりますので、その時まで体のメンテナンスをしておきましょう。食事を改めて見直したり、生活習慣の改善点を探ったり。今後もダイエットを継続するかどうか、停滞期のときにこそ振り返って考えるチャンスではないでしょうか。停滞期には焦りは禁物。いつかは終わると信じて今まで通りのダイエットを無理のない範囲で継続することが突破口になります。