ヘム鉄サプリメントの副作用

ヘム鉄のサプリメントで副作用が起きたりするのでしょうか。ヘム鉄のサプリメントは、鉄分不足を気にする人には重要な存在ですが、飲みすぎなどが原因で、体によくない作用を及ぼすことがありますので気をつけましょう。ヘム鉄のサプリメントの場合は、一般的に過剰摂取すると鉄中毒になったり、胃腸障害、肝機能障害や糖尿病などの副作用が起きやすくなるようです。

鉄分は1日に40~45mgが限界だと言われていますので、それ以上の量をサプリメントで補給しないように注意をしてください。鉄分の上限摂取量を超えて、長期間に渡って摂取し続けると、吐き気や嘔吐、便秘や下痢などの症状が現れることがあります。症状が悪化すると目が見えなくなる眼球鉄症という症状が出ることもありますので、気をつけましょう。健康被害に合わないようにするには、ヘム鉄サプリメントの容器に書かれている正しい使い方を守って飲むようにすることがポイントになるでしょう。ヘム鉄の摂取できる量はサプリメントによって違いますので、摂取する分量を踏まえて他の食事などもすることです。どの程度の量を摂取すれば、過剰摂取になってしまうのか、きちんと把握しておくようにしましょう。お腹に赤ちゃんがいる時などは、鉄分不足を補うためにサプリメントを勧められることもあります。特に貧血などでは無い人が妊娠中に鉄分を取りすぎると、赤ちゃんが小さく生まれたり、高血圧になりやすいという研究結果もあります。あらかじめ、担当医に話をした上で、ヘム鉄のサプリメントが必要かを妊娠中は確認することが大事です。