インプラント治療

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。実は、かかる費用は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。かなり専門性の高い外科的治療を要するので、成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。インプラントが虫歯になることはありませんが、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは言えません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。