就職祝いのマナー

人生には入学祝いや就職祝いなどいろいろと記念でお祝いをすることがあります。特別に親しい人同士でのお祝いのやり取りが、就職祝いだといえます。細々としたマナーを問うことはないかもしれませんが、互いに守るべき礼儀はあります。卒業と就職はほとんどの場合同じ時期になります。

卒業祝いと就職祝いとが重なる場合は、就職祝いとして就職祝いの方を重視して送るのが常識だそうです。出来る限り早く、就職祝いは職先が決まった時点で贈るようにします。できれば贈るのは入社式の前までにするようにしましょう。事情があって遅くなってしまったときでも、できるだけ入社式後、早めに贈るのがマナーです。5,000円から20,000円が、お金で送る場合は相場ですが、送る側の年齢や付き合いの深さ、血縁関係の近さなどによっても違うといえるでしょう。のし袋に祝い金を入れて渡す場合は、表書に御祝とか就職御祝と書きます。就職祝いのお返しは、慣例としてはしなくて良いそうです。感謝の気持ちは電話やお礼状でなるべく早く伝えましょう。普段から仲の良い人への連絡なら、メールでも問題ありません。とくに形式にこだわるのは不要です。だいたい就職御祝いとしていただいたものの3分の1から2分の1ぐらいの金額で、お返しをする場合は選ぶのがおすすめです。