シミ取りの内服薬

トラネキサム酸の飲み薬は、シミ取り効果のある薬としてよく知られています。元々、トラネキサム酸は、止血を目的として使われていた薬だったようです。飲み続けるとホルモンの関係でできてしまうかんぱんと呼ばれる顔にできるシミが薄くなる効果が期待できるそうです。大体3カ月の摂取で、トラネキサム酸は効果を発揮するといいます。

三カ月おきに、飲む期間と、飲まない期間を交互に繰り返すことによって、肝班が目立たなくなるといいます。サプリメントで、シミ取りに有効な成分を摂取することで、肌を白くするという手段も存在します。美肌効果があるというサプリメントは、ビタミンCやビタミンEなどが含有されているものです。日焼けによる肌への影響が気にかかるという人は、ビタミンサプリメントを意識して使いましょう。サプリメントでビタミンの成分を積極的に取り入れれば、それでシミ取りができるということはありません。しかし、お肌のターンオーバーを活発にして、お肌にあるシミの原因とも言われる老廃物やメラニン色素を排出しやすくしてくれる効果が期待できます。また、ビタミンは体の抵抗力を高める効果があるため、シミ自体が皮膚に増えないように働きかけてくれる作用があります。美肌効果のあるクリームやサプリメントでシミを薄くするという方法がある一方、病院でシミを治療してもらうのも一つの考え方です。シミ取りを急ぎたいという人は、病院で治療を受けるといいでしょう。薬で治すというやり方ならば、サプリメントや美白クリームよりも効果は早く現れます。